情報メディア学科

Topics2016/12/10

フューチャードリーム!ロボメカデザインコンペ2016公開審査会が開催されています

  • d1
  • d1
  • d1
  • d1

 フューチャードリーム!ロボメカデザインコンペ2016(http://www.ip.kyusan-u.ac.jp/J/kougaku/tb/sakaki/rmdc2016q/index.html)の公開審査会(二次審査会)が福岡タワー近くにあるロボスクエア(福岡市・TNC放送会館内)で開催されました.
コンペティションでは,モックアップ(一部機能が実装されたプロトタイプ)を使ったプレゼンテーションが行われ,一般の人が聴講(平常営業しており審査会開催直前に「ロボスクエアのロボットのデモンストレーション」が行われ審査会開催中に一般の方々が自由に出入りしています)されている環境でおこなわれました.
 審査は「商品には機能とデザインの融合が不可欠」であるため,総合的な評価が行われました.そこでは「商品」は「日常の困った」を「解消/改善」するためにあるため,ビジネスモデルについても審査されます.一方で学会と異なり「アピール」も重要なプレゼン要素となります.
 日本文理大学・工学部・情報メディア学科は,このコンペが掲げている「社会ニーズ」の「全て」に対応するコースがあります.今年は情報メディア学科4年生の学生(システムとデザインの1名づつ)がリーディングし,他学科を含む1年生までの学生がチームとなり取り組みました.
 公開審査会が開催されたロボスクエアは,福岡タワー(ももち浜)や放送局のすぐ近くにあります.審査会が開催される12月はクリスマスイルミネーションが施されており,多くの人が集まる人気スポットです.特にバス停から福岡タワーまでの間に「TNC放送会館」があります.ロボスクエアはこのTNC放送会館の2階にあります.
 学生の取組み成果は,2016年12月10日から約2週間の間,TNC放送会館1階のエントランスに公開展示されることとなりました.

開会と実行委員長からの挨拶 https://youtu.be/RORWFj6rufw

このコンペティションは,次の主催,後援,協賛で実施されました.
主催:(一社)日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門
後援: 福岡県,福岡市,北九州市,久留米市,福岡県産業デザイン協議会,福岡県ロボット・システム産業振興会議,北九州ロボットフォーラム,一般社団法人 九州経済連合会
協賛: ロボスクエア,メカトラックス株式会社,株式会社 三松

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • NBU日本文理大学オープンキャンパス 2016 日程 5月28日(土) 5月28日(土) 6月25日(土) 7月24日(日) 8月6日(土) 8月21日(日) 9月24日(土) 航空宇宙工学科 7月23日(土)